評判が高い通信制高校の仕組みについて。

日本には珍しい通信制というシステム

通信制高校と聞いてもあまりピンとくるものがない人がほとんどだと思います。
だいたいの人は公立か私立の平日に登校するスタイルの高校にいっていると思います。
通信制にも全日制はあります。
平日に登校して授業するスタイルでだいたいのところは週休二日です。

通信制なのに全日制や定時制と言うところもあります

そのほかに定時制というものがあります。
これは昼前にどうしても通えない人達が夜に授業を受けにいくスタイルです。
前までは全日制は卒業するのに3年で、定時制は4年でしたが今では定時制は3年以上で卒業という規定になりました。

年間スケジュールと毎日の授業タイムテーブル

通信制の高校にはどのような人がいっているのか知らない人もいると思います。
高校を中退してしまった人や働いている人、家庭の事情により高校に行けなかった人などさまざまな人が通っています。
ここ最近では、不登校で悩んでいた人や身体に障害があける人も通っています。
ではどうやって通信制の高校に入学するかというと、通信制では4月と10月に入学式があります。
だいたいはその1ヶ月前に募集がかかるのでそこで手続きをすると入学できます。
通信制では基本的に授業数は全日制と定時制でかわってきます。
全日制の場合、5時間から8時間の間が基本です。
定時制だと4時間です。
この授業数の違いにより卒業する年数が変わるというわけです。
そして重要なのは卒業するにあたっての単位の取得です。
基本的にレポートとテストなどで単位を取っていきます。
レポートは自宅で教科書など調べながら定められた期限内に提出するもです。
通信制サポートというものもあり、3年で卒業できるようサポートしてくれるものもあります。
自分にあわせたペースで通えるので評判もかなり良いです。
通信制高校に行くか悩んでる人がいたら自分にあった高校を見つけていくのが良いと思います。